読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒメアノ~ル [R15+]

f:id:pou_suzuki:20160530191616j:plain

 

2016年・日本

 

※R15+

 

変わらぬ日常に不安を感じていた岡田(濱田岳)は、バイト先の先輩・安藤(ムロツヨシ)の恋路の手助けをすることに。安藤が恋したカフェ店員のユカ(佐津川愛美)は、とある男につきまとわれているという…。

 

 

 

www.himeanole-movie.com

 

 

映画の公開が決定した時、「森田(森田剛)って字面おもしろいな」「ムロツヨシ濱田岳?そらあんたハマるに決まってますわ~!」なんて軽い考えだったのが、予告を見て不穏な空気を感じ、公開されてから周囲の評価に心が躍ると同時に恐ろしさに包まれ、そして今日、いよいよ映画館へ。

 

おぞましい、痛々しい、それでいて笑いが起こる…頭がおかしくなりそうな映画だった。

 

予告でもあったように、前半はクスッと笑えるラブコメ。可愛いカフェ店員に恋をしているキモい先輩と間を取り持たされる後輩、自分が当事者だったらめ、めんどくせ~~!!!と思うほどのだるくて面白い恋愛事情が良かった。というのもムロツヨシが良い味出してるんだわこれが。あそこまで絶妙なキモさってなかなか出せないよ。なんかもう必死なの、分かる、すげえ分かるんだよ、好きな人へのアプローチとかどうしたらいいか分かんない感じとか。ただ頑張れば頑張るほどどうしてもキモくなっちゃうんだよな~分かるよ~!!でも憎めないんだよね。正義感強いし、友達としてなら良いなってタイプの奴。

で、岡田も岡田で気付いたら巻き込まれてるしほっとけないし、しかも可愛い子と先輩の板挟みになっちゃうしで大変。全然日常に不安とか感じなくていいよってぐらい大変。

 

ただ途中から、あれ?あれ??おかしいぞ…って思うことがたくさん出てくる。まさしく“気味が悪い”そのものの森田が全てを喰っていく。凄惨な場面、言動、表情、その全てに嫌悪が湧きあがる。15禁も頷けるってぐらいの生理的嫌悪。スクリーンにいたのは少なくとも私がテレビやライブで見てきた森田剛じゃなかった。まったくの別人が、森田として、人を殺し、快楽を得て、生きていた。

思わず目を背けてしまうほどのシーンが続くので辛い人はとことん辛いし、見る人を選ぶという言葉にも納得のもの。15禁だし。

 

今改めて思うのは、もし自分が森田の立場だったら、同じ道を辿っていたと思う。剛くんだから~とか、サイコキラーだから~とか、そういうんじゃない。あそこまでいかなくとも自分も同じようなことをして生きたと思う。それぐらいリアルな人間があの映画には存在している。

 

もし観に行くならタイトルの出方に注目してほしい。それと、クライマックス。表情・声音、思わず涙があふれた。

 

youtu.be